Ask an Engineer: Build a lens from spec with the API

  • 10 June 2022
  • 5 replies
  • 549 views

Userlevel 5
Badge +2

Topic: Build an initial lens design from a provided spec sheet using the API

Live solution reveal and Q&A: June 22nd, 8am - 9am PDT (See the attachments for a calendar invite)

Engineer: @Allie - Senior Application Engineer at Ansys Zemax

 

Ask an Engineer is LIVE again this month! Try out the challenge below to learn more about the API, then come back on June 22nd to discuss. Submit your solution or questions as a reply to this thread. 

 

Challenge opens: June 9th

Submit your code as a reply by: June 21st, EOD

Challenge: Any new project for an optical designer comes with a set of required criteria. The job of the designer is to create a system which meets the requested specifications. To do this, the designer will begin with a generalized starting point, then optimize and tweak the system until it meets (or even exceeds) spec. 

Often, specification data is provided in the form of a data sheet which must then be translated into the optical simulation software of choice. An example of a thorough specification sheet is provided by our very own @Katsumoto Ikeda on his blog here: https://www.pencilofrays.com/specification-cheat-sheet/. Such a sheet can be used to guide the designer’s initial steps within their simulation. 

This month, we challenge you to use the provided data sheet (attached) to create a simple starting system in OpticStudio via the API. Use the API to pull data directly from the spec into the program, understanding that only some of the spec values are directly definable in the initial starting point. 

Files:

  • A calendar invite for June 22nd. This will connect you to the Teams meeting where @Allie will present her solution and answer questions.
  • A simplified spec sheet, as provided by @Katsumoto Ikeda.  
  • If you want a hint, a sample system is also provided 🙂. 

Resources/Tips:

Questions? Comments? Ready to submit your code? Reply to this thread. Replies may be posted in any supported language (English, Chinese, Japanese). Once the event is concluded, the thread will be closed. 

The Ask an Engineer live event will be limited to discussing this challenge and general API questions. For questions on troubleshooting personal API scripts or OpticStudio files, please submit a ticket with Zemax Support. In that case, your license support status will be considered. 

 

Attachments:

Click here to download

Allie 6 days ago

Watch the recording!

 

 

The recording from the AAE session is available above. The files from the session are available here: click here to download.

View original

This topic is closed to new comments

5 replies

Userlevel 1
Badge +1

テーマ: API を使用し仕様からレンズを構築

ライブ解説および Q&A 回答日時:6月22日 午前8時~午前9時 (米国太平洋標準時)

エンジニア: @Allie  - Ansys Zemax シニアアプリケーションエンジニア

 

今月もAsk an EngineerはLIVEです! 下記の課題に挑戦してAPIを学びましょう。6月22日にはライブで解説および Q&A があります。このスレッドに返信する形で、解決策や質問を投稿してください。

 

課題への挑戦開始日: 6月9日

コード提出期限日:6月21日

課題 : 


光学設計者の新しいプロジェクトには、必ず要求される条件があります。設計者の仕事は、要求された仕様を満たすシステムを作ることです。そのために、設計者は一般的な出発点から始めて、仕様を満たす(あるいは上回る)ようにシステムを最適化し、微調整していくことになります。 

多くの場合、仕様データはデータシートの形で提供され、その後、選択した光学シミュレーションソフトウェアに変換する必要があります。詳細な仕様書の例は、 @Katsumoto Ikeda  のブログ https://www.pencilofrays.com/specification-cheat-sheet/ に掲載されています。このようなシートは、設計者がシミュレーションを行う際の最初のステップを導くために使用することができます。 

今月は、提供されたデータシート(添付ファイル)を使用して、API経由でOpticStudioで簡単なスタートシステムを作成することに挑戦します。APIを使用して、スペック値の一部のみが最初の出発点で直接定義可能であることを理解した上で、スペックからプログラムに直接データを取り込みます。 
 

添付ファイル:

  • 6月22日のカレンダーの招待状です。この招待状は、 @Allie がソリューションを発表し、質問に答える Teams ミーティングにつなげます。
  • @Katsumoto Ikeda が提供する簡易スペックシート。  
  • ヒントが欲しい人は、サンプルシステムも提供されています :)。 

リソース/ヒント:

質問やコメント、コードを提出する準備はできましたか?このスレッドに返信してください。返信は、サポートされている言語 (英語、中国語、日本語) で投稿できます。イベント終了後、このスレッドは閉鎖されます。

Ask an Engineerライブイベントは、この課題への挑戦と一般的なAPIに関する質問に限定されます。個人の API スクリプトまたは OpticStudio ファイルのトラブルシューティングに関する質問については、Zemax サポートにチケットを提出してください。その場合、ライセンスがサポートされているユーザ様のみ対応できます。

Userlevel 1
Badge

Ask an Engineer - 詢問工程師系列:使用API從規格建立一個鏡

 

Live說明和Q&A問答622日,8am – 9am PDT時區(請查看附件檔的會議邀請)

工程師@Allie - Ansys Zemax 高級應用工程師

 

六月的詢問工程師系列也會以線上直播的方式來舉行。以下挑戰讓用戶以便瞭解如何使用API由規格建立鏡頭。然後在622日會由直播的形式,讓工程師跟大家交流您的設計和遇到的挑戰!請將您的設計或問題回復在這篇貼文。

 

挑戰開始日期69

代碼提交截止日期621

挑戰內容:

光學設計師的任何新項目都帶有一組必需的標準。設計師的工作是創建一個滿足所要求規格的系統。為此,設計人員將從一個通用的起點開始,然後優化和調整系統,直到您設計的系統滿足(甚至超過)規範。

 

通常,規格數據以數據表的形式提供,然後必須將其轉換為選擇的光學模擬軟體。@Katsumoto Ikeda在他的blog上提供了一個完整的規格表示例:https://www.pencilofrays.com/specification-cheat-sheet/。此表格可指導設計人員在模擬中的初始步驟。

 

本月,我們挑戰使用提供的數據表(附件)通過 API OpticStudio 中創建一個簡單的啟動系統。使用 API 將數據直接從規範中提取到程式中,瞭解只有一些規範值在初始起點處是可直接定義的。

 

附件

  • 622日線上活動邀請。這會方便您直接連接到活動,@Allie  將在該會議上展示她的解決方案並回答您的問題。
  • @Katsumoto Ikeda提供的簡化規格表。
  • 如果需要提示,我們提供了一個簡單的系統,供您參考 :)。

 

參考資料/提示:

 

如果有任何問題、評論、或者準備好提交您的代碼了?請回復這個主題。歡迎各位使用任何支援的語言(英語、中文、日語)發佈回復。當活動結束後,主題將被關閉。

 

詢問工程師系列現場活動將僅限於討論此挑戰和一般 API 問題。 有關對個人API 腳本或 OpticStudio 檔進行故障排除的問題,請向 Zemax 支持提交工單。在這種情況下,將考慮您的許可證支持狀態。

 

Userlevel 5
Badge +2

Hi everyone! The session is about to begin at this link:

Microsoft Teams meeting

Join on your computer or mobile app

Click here to join the meeting

Or join by entering a meeting ID
Meeting ID: 276 997 891 823
Passcode: 5X2nKp

Or call in (audio only)

+1 267-419-7621,,799757311#   United States, Philadelphia

Phone Conference ID: 799 757 311#

Userlevel 5
Badge +2

Watch the recording!

 

 

The recording from the AAE session is available above. The files from the session are available here: click here to download.

Userlevel 5
Badge +2

This thread is now closed. Check out our ZOS-API forum for additional discussion about the API.