メジャーリリース

Ansys Zemax OpticsBuilder 2022 R2 リリースノート

  • 7 July 2022
  • 0 replies
  • 24 views

Userlevel 2
Badge +1

  

 

2022 R2 リリースノート

2022 年 7 月7 日

 

 

 

 

 

1 ANSYS ZEMAX OPTICSBUILDER へようこそ!


1.1 ファイルの変換と構築

OpticsBuilder を使用すると、CAD ユーザーは OpticStudio のファイルをPTC Creo Parametric に完全に変換して構築することで、光学設計にメカパッケージを迅速に追加することができます。OpticsBuilder が自動的に光学部品の形状を作成するため、ユーザーは光学部品の形状を再作成する必要がなく、より迅速に始めることができます。これにより、CAD ユーザーは最初から正しい設計を行うことができ、光学部品を手動で作成することによるエラーを回避することができます。ユーザーは、レンズの材料、位置、光源、波長、ディテクタなどを含む光学設計全体を読み込むことができます。

 

1.2 オプトメカニカルパッケージの解析

OpticsBuilder を使用すると、機械設計が光学性能に与える影響を示す解析ツールを提供することで、CAD ユーザーはエラーを早期に見つけ、光学エンジニアとのやり取りを減らし、高価な物理的に作成する試作を回避できます。バックグラウンドで OpticStudio の物理演算を活用することにより、ネイティブな CAD 環境内でエラーを見つけ、新しいツールを学習する必要なく光学設計と機械設計の間の面倒なやり取りを回避することができます。CAD ユーザーは、主光線および光線フットプリントフィルターを適用して、追加の解析ができるため、機械的パッケージングがどの程度光学性能に影響を与えるかという点について仮説を立てたり、光学設計者からの情報を待ったりする必要がありません。

 

1.3 プッシュボタンによる光学図面の自動作成

OpticsBuilder を使用すると、CAD ユーザーは自動の図面エクスポートツールを使用して、ボタンを押すだけで ISO10110 準拠の光学図面を作成できます。ユーザーは、光学ファイルとともに CAD に持ち込まれた図面の製造パラメータに光学データを自動的に入力することで、時間を節約できます。OpticsBuilder は、自動入力された光学情報を顧客が作成した独自の図面テンプレートに接続できるため、 製造時のやり直しを減らすことができます。

 

2 ツール、機能および利便性


2.1 ライセンス ユーティリティ

Ansys Zemax ライセンスの設定および管理

新しい Ansys Zemax ライセンス ユーティリティは、OpticsBuilder のインストール後に自動的に起動します。このバージョンのOpticsBuilder は、Ansys ライセンスでのみ機能し、マシンにインストールされているローカルライセンスにアクセスするか、ネットワーク ライセンス サーバーを指すように設定することが可能です。Zemax ライセンス、つまり L1XXXXX 形式のライセンスまたは任意の USB ライセンスにアクセスしようとする場合は、Zemax バージョンの OpticsBuilder をインストールする必要があります。

 

 

新しい Ansys Zemax ライセンス ユーティリティに関する詳細やヘルプについては、以下のナレッジベースの記事をご確認ください。

追加情報またはヘルプについては、OpticsBuilder リボンの[ヘルプ] (Help) ボタンをクリックして、OpticsBuilder のヘルプファイルを開いてください。また、OpticsBuilder リボンの[ナレッジベース] (Knowledgebase)ボタンをクリックすることもできます。これにより、Zemax のサポートサイトが表示され、詳細な情報を得ることができます。


This topic is closed to new comments