Minor Release

Ansys Zemax OpticStudio 2022 R2.01 リリースノート

  • 2 August 2022
  • 0 replies
  • 56 views

Userlevel 1
Badge

  

 

2022 R2.01 リリース ノート

2022年 8月 3日

 

 

 

 

 

Ansys Zemax OpticStudio 2022 R2.01 には、以下の修正および機能強化が含まれています。

 

機能強化

  • [プロジェクトディレクトリ](Project Directories)DLL\PhysicalOptics (.DLL) ファイルとObjects\Sources\Radiant Source Model Files (.RSMX) ファイルのサポートが追加されました。

バグ修正

  • [Q タイプ非球面] (Q-Type Asphere surface) – [レンズのスケーリング] (Scale Lens) でQ タイプ非球面の [正規化半径] (Norm Radius) が正しくスケーリングされない不具合を修正しました。

  • [画像シミュレーション] (Image Simulation), [幾何光学的ビットマップ像解析] (Geometric Bitmap Image Analysis),  [幾何光学的像解析] (Geometric Image Analysis) – 3つの解析 (画像シミュレーション、幾何学的ビットマップ像解析、幾何学像解析) で、[視野タイプ] (Field Type) が [物体高] (Object Height) でない場合の警告メッセージを追加しました。

  • [エレメントの反転] (Reverse Elements tool) – エレメントの反転ツールで、正しい絞り面が再配置されない問題を修正しました。

  • [Speos Lens Systemへのエクスポート] (Export to Speos Lens System tool) – Speos Lens Systemへのエクスポートツールにおいて、高い発散値が誤って報告される問題を修正しました。

  • [座標ブレーク] (Coordinate Break surface) - ミラー面の厚みにおけるピックアップ ソルブを設定した際に0を返してしまう問題を修正しました。

  • [Speos Lens Systemへのエクスポート] (Export to Speos Lens System tool) – Speos Lens Systemへのエクスポートツールで、[ブラック ボックス レンズ]( Black Box Lens) のファイル名が32文字を超えるとOpticStudioがクラッシュする問題を修正しました。

  • [ノンシーケンシャル コンポーネント エディタ] (Non-Sequential Component Editor) – [矩形体積] (Rectangular Volume) オブジェクトで、オブジェクトプロパティの回折セクションがグレーアウトしていない問題を修正しました。

 


This topic is closed to new comments